シュトーレン

シュトーレン

※今年の分は完売いたしました。ありがとうございました。
《渋皮栗シュトーレン》
年の終わりに感謝と喜びを。
丁寧に大切に作ってきたシュトーレンを、
今年も少しですがご紹介できることに感謝の気持ちでいっぱいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご予約をお電話にてうけたまわっております。
お渡しは、11月20日より
営業前の10時〜17時にお願いいたします。
今年は出来る数が少なく、大変申し訳ございませんが小10台限定でご用意させていただきます。
予定数になり次第終了いたします。
○販売価格
~渋皮栗~
小 2500円
○販売場所 ルスティク
○お問合先
電話 0774-46-9178

✻素材
○栗の渋皮煮
京田辺産の栗を使います。
重曹を使わず、栗のイガを燃やして、
イガ灰でアク抜きをするんですよ。
シェフがおばあさんから
教えてもらったやり方です。
それを煮込んでは冷やし、冷やしては煮込み、
じっくり煮込んで作ります。
甘すぎず、優しい風味にまとめました。
○柚子ピール
こちらシェフの実家の畑より。
さわやかな香りの柚子の皮も、
毎日少しずつ、ゆっくりゆっくり火を入れて、
甘さを深めてまいりました。
レモンとはまた少しちがった、和な味わいのピールです。
○アーモンド<スペイン産マルコナ種>
世界ナンバーワンの地位を誇るスペイン産のアーモンドは、品種改良によって量産されたカリフォルニア産に比べ、土壌と気候によって育くまれた滋味がとても豊かに感じられます。
なかでもミネラルが豊富で、雨の少ないカタルーニャの大地で育つ<マルコナ>は、アーモンド特有の、甘くて深い味わいをしっかりと感じさせてくれます。
○放し飼い有精卵
滋賀県の楽農舎・坂下さんより届く愛情たっぷりの卵。ヒナのの90%を外国産の鶏種に頼っている日本の現状において、純国産の鶏「後藤もみじ」(岐阜県)と「岡崎おうはん」(長野県)を平飼で飼育されています。親鶏の主食には、地元の精米所から出るヌカ・くず米・地元の豆腐屋のおから・小松菜の外葉など、捨てられていた地元の「もったいない自然資源」を有効的に活用され、とても安全な循環型飼育です。クセや雑味がなく、自然な甘みの卵は、色も優しいレモンイエロー。優しい見た目とは裏腹に、とてもエネルギッシュな力を感じる卵です。
○サルタナレーズン<トルコ・イズミール産>
単純な甘さだけが主張するレーズンではありません。
じっくり噛むと、ぶどうの味わいがしっかりと口の中に広がります。エーゲ海のカラッとした気候を感じさせる、甘いながらも爽やかな風味のレーズンです。
○国産小麦<北海道>
中力粉を使用する代わりに、春よ恋を主体とした北海道産小麦のみのブレンド粉を採用しています。国産小麦特有の優しい甘みと粘りが魅力です。
○ラム酒
フルーツの宝庫アルザスのルゴル社のラム酒。職人気質の蒸留専門業者で、原料から厳選して作られるラム酒は、風味と香りがとても豊かです。
○砂糖<北海道産ビートグラニュー糖>
体の事を考えたら、お砂糖はあまり良くないのかもしれませんが、ほんの少しのお砂糖は、心の栄養と考えています。他の素材の味わいを損なわず、少しで満足して頂けるように、北海道産のビートグラニュー糖を使用しています。

シェフがこれでしか作りたくないと言う、
こだわりの材料を揃えました。それぞれの素材のマリアージュをぜひお楽しみください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✻製法
生地を優しく発酵させ、
その生地でそれぞれの材料を包み込むようにして捏ね上げます。そうすることで、それぞれの素材が風味を隠すことなく、それでいて一体になってくれるのです。大切な材料を、全部一緒に味わっていただける幸せ。ぜひご家庭での、大切なお茶の時間に味わってみてください。

TOSHIYUKI KABAI について

レストラン ルスティクのブログです。食材や、料理、お知らせなどについて更新していきたいと思います。不慣れで見ずらい所もありますが、どうぞお付き合いくださいませ。
カテゴリー: お知らせ, 日々のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください