WSイベント*雨宮ゆかさん「恵みのリース作り」

日々花リース

 一年のうちでもっとも日が短い時期にやってくる、クリスマス。
植物もひとつのサイクルを終え、次の周期を迎える切り替えのとき。
青々と茂る常緑、葉を落とし休む枝や蔓、次の世代に命を託す実り。
冬に見られる3つの植物の姿を取り入れたリースを作ります。

京田辺のゆたかな緑の中を歩き、
リースの素材探しから始まるワークショップです。
当日まで、どんなものと出会えるかはお楽しみ。
そこで、みなさまへお願いです。
身の周りで、リースにしてみたい材料がありましたら、お持ちください。
すこしずつ材料を集めておくのも、リース作りの楽しみのひとつなのです。
枯れるもの、常緑、実りのもの。
3つのリースに向く植物はこんなものです。

・枯れるもの→リースの土台になるもの
蔓もの(へくそかずら、あけび、ノブドウ、鉄線など)
落葉樹の細めの枝(長さ20センチ以上あるといい)
サクラ、ミズキ、モミジ、ニシキギなど、柔らかく曲げられるもの

・ 常緑樹の葉
杉、ひのき、コニファーなど。オリーブなども。
*輪にまとめるための常緑の蔓を用意しますので、常緑はなくても大丈夫です。

・実りのもの
実もの(野バラの実、ナンキンハゼ、松ぼっくり、スライスして乾かした果物など)
重たいとつけられないので、軽いものであればいろいろなものが材料になります。

・その他あると面白いもの
穂のもの
ハーブ(セージ、タイムなど。乾くとかさが減りますので、多めにあるといいです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時 2015年11月16日(月)12:00~16:00
場所 レストラン ルスティク バックヤード 
定員 8名様(ご予約制)
参加費 5000円(花材・消費税 込み)
    ※途中に、シェフ特製のデザートタイムがございます
お申し込み 2015年10月1日(木)10時より受付
      ☎0774-46-9178へお電話ください。
 ※天候その他諸事情により、スケジュールが変更になる可能性がございます。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師◆雨宮ゆか
(あめみや・ゆか/日々花 主催 )
http://www.hibihana.com/category/hibidiary/

1970年生まれ。東京都大田区で、日常の花を生ける教室「日々花」を主宰。
北鎌倉東慶寺にて、挿し花教室講師を務める。
植物と暮らしの関わりをおもに、雑誌、書籍などで活動中。
各地で植物に関するワークショップ、展覧会も行う。
2015年9月9日『花ごよみ365日』を出版。

「日々の花道具展」2013.4 千駄ヶ谷SHIZEN
「二人の花展」2014.10 北鎌倉東慶寺
「稲展」~雨宮ゆかの正月飾りと祝いの器~ 2014.12 西荻窪364
「雨宮ゆか、井上米輝子 東慶寺の夏をいける」展 2015.6 北鎌倉東慶寺

ルスティク レストラン について

レストラン ルスティクのブログです。食材や、料理、お知らせなどについて更新していきたいと思います。不慣れで見ずらい所もありますが、どうぞお付き合いくださいませ。
カテゴリー: お知らせ, 日々のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です